このエントリーをはてなブックマークに追加

小諸のビオマルシェに行ってきました!

PB180426_preview

みなさまこんにちは!

早いところではとうとう雪が降る季節となりましたね。

どうか、お身体をご自愛くださいませ。

先週11月18日(土)に、小諸市で開催されたビオマルシェに行って参りました!

ビオマルシェ(avanti Bio marche)とは、アバンティのソーシャル事業部が行う、オーガニックライフスタイルを提供する取り組みの一環で、豊かな自然の中で生産者1人1人とお話ししながら、旬のお野菜、雑貨、スイーツなどのお買い物を楽しむ空間です。
場所は小諸エコビレッジで行うのが恒例ですが、今回は特別に安藤百福センターをお借りし、開催致しました!

今年のテーマは「食」
今年度、最後の開催となったマルシェをの様子をご紹介します

line_vegetable

マルシェでは、素敵な商品を「売る」のみならず、来て下さったお客様が楽しめるようなイベントを行っています。

今回は4つのイベントがありました♪

①こども農家

5月と6月に蒔いたひまわりとえごま、10月に脱穀し、この11月にとうとう搾油することになりました!

スーパーに行けばすぐ手に入る油。それが種を蒔いてから搾油という長い過程を体験することが出来き、子供達にとっては貴重な思い出になったと思います。5月からずっと参加してくれているご家族がいらっしゃいました!

主催してくださった大田圭一郎さんはじめ、参加して下さった皆さまありがとうございます!

PB180447_preview

②音遊び

身体を使った音遊びを教えてくれるのオギタカさん。

今回はボディーパーカッションを行いました。子供も大人も身体をいっぱい動かしていました!

PB180479_preview

③青空キッチン

「鴨川知彺さん(浅間兄弟)」をシェフにお呼びし、メニューは「大地の恵みスープ」

食のテーマである小諸の「雑穀とお野菜」を材料に使いました。

スタッフ中井は、この日に使う野菜を調達する為、生産者さんを廻る旅をしたそうです(^^)

21名というたくさんの方にご参加いただき、素敵なお料理会になりました。

PB180499_preview

④オーガニックコットンの母 渡邊智惠子と○○さんのお話会

今回のゲストは「ジョン・ムーアさん」

在来種の種の命を繋ぐ一般社団法人 SEEDS OF LIFEの代表を務める社会企業家です。

我々のテーマである「オーガニック」

原点から見つめ直したいという思いからお呼びしました。

「言葉」を大切にするジョン・ムーアさん。オーガニックというものを理解するのはそう簡単にできることじゃないですよね。まずは、自分の発する言葉・行動を一つ一つ丁寧に確実なものにしていく事が大切だと教えてくれました。

PB180512_preview

 

 

 

 

 

 

 

以前、新入社員研修で初めてお会いした時、ジョンムーアさんの発する言葉一つ一つがとても身に染みたことを思い出しました。

ここで皆さんに質問です。日本の固有種のお野菜をご存知ですか?

日本の固有種は、、、

「せり、わさび、うど、やまいも」とのことです!

予想してたものではなく、また種類も少なく、びっくりしました。

ジョン・ムーアさんは全国各地で活動されている様です。オーガニック、そして自分を見つめ直すきっかけになる貴重なお話をして下さるので、是非皆さんも講演等に行ってみて下さい。

~マルシェの様子~

PB180460_preview井出さんのお野菜はいつも生きているかのような新鮮さです!PB180454_preview埼玉から可愛らしい多肉植物を持ってきて下さる方もいます♪

PB180471_preview美味しいスイーツも♪

PB180459_previewリラクシングもございます♪

PB180510_preview

弊社でお世話になっているお取引様が社員旅行で来てくださいました!

(小諸エコビレッジの畑で収穫した「22世紀米」をお勧めしているスタッフ)

PB180426_preview

「22世紀米」新米(現在、本店・自由が丘店・吉祥寺店でも販売しております♪)

line_vegetable

お客様の中に、「オンラインショップ見てます」、「普段は吉祥寺店に行ってます」、「自由が丘店の雰囲気が大好きです」と、プリスティンのお品物を愛して下さっている方もいらっしゃいました。お越し頂きありがとうございました!

この様な流れで、最後のマルシェは大盛況に終えることができました!

この後、出展者さんと一緒にプチ打ち上げを行いました。今年から「小諸商業高校」の学生さんが「栽培から販売まで一貫して学び、ビオマルシェで地元野菜を売る」という取り組みをソーシャル事業部と共に行ってきたのですが、学生さんの一人が、「このマルシェは自分の進むべき道の岐路となった」と話していました。

 

avanti bio marcheは、出展者さんお客様との距離がとても近く、かつお互いにとても大きく影響を受け合っているんだと感じました。

今年はこれで一旦終わりですが、また来年お客様にお会いできることを楽しみにしております!

小諸在住スタッフ中井の報告はこちらからご覧になれます↓

Facebook:https://www.facebook.com/BiomarcheinKOMORO/

banner

プリスティンオンラインショップスタッフより

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事