このエントリーをはてなブックマークに追加

For Good Sleep スタッフの寝具の使い方

blog-main

こんにちは!
プリスティンオンラインショップです。

スタッフの寝具の使い方

暖冬と言われる今年の冬。たしかに去年のこの季節はこんな服装していなかったな…と思いますよね。プリスティンのスタッフはどんな寝具の使い方をしているのか、いつも元気な二人に聞いてみました。

ブランドディレクター おくもりの眠り

シーツ:ヤクコットン Wフェイス綿毛布
上掛け:市松綿毛布ジャカードシャドウィ 肌掛け布団
パジャマ:ヤクコットン 綾Wガーゼパジャマ

「シーツにヤクコットン Wフェイス綿毛布?」と思いますよね。
おくもりからこんなことを聞きました。

「コットン(綿)の特徴は、”水分を吸える(吸湿性がある)”だからこそ、寝ているときにかく汗をしっかりとコットンが吸ってくれるので快適な湿度を保った心地よい睡眠ができます。
ウール(毛)の特徴は、”水分を吸ったときに熱が発生する(吸着熱がある)”ことにより、湿気を吸着したときにコットンよりあたたかい。でも熱を発生させるのは湿気を吸収したときだけなので汗冷えしません。」

「このコットン(綿)とウール(毛)のそれぞれの良さを存分に味わえるのがプリスティンで作っている『ダブルフェイス素材』なんですよ。」
09141849_55f6980c37638

プリスティンで通年よく出てくる「ダブルフェイス」は、それぞれの素材がもつ、それぞれの特徴の良さをうまく組み合わせています。

シーツ代わりにウールの入った綿毛布を敷いてぜひ寝てみてください。私も早速実践して見ましたが布団に入ったときのほんわか心地よいあたたかさがいつもより少なく、下からくるひやっとした寒さも感じず快適に眠れました。
09141849_55f6981e79ba8

パジャマはダブルフェイス素材を使った「ヤクコットン 綾Wガーゼパジャマ」を。
シーツを工夫することで、今の季節は上掛けに「市松綿毛布」と「肌掛け布団」をかければ羽毛布団いらずで快適に過ごせている、とのことでした。

スタッフ 奥秋の眠り

もう一人、スタッフ奥秋にも今の季節の寝具について聞いてみました。

シーツ:ジャカードシャドウィ フラットシーツ
上掛け:市松綿毛布ジャカードシャドウィ 肌掛け布団
パジャマ:パンケーキニットパジャマ

上掛けはおくもりと同じ使い方をしていましたね!
パジャマについては「体に優しく沿うようなパンケーキパジャマはとにかく気持ちが良いです。動きやすいパジャマで、寝返りもストレスなく朝までぐっすり眠れます♪」

10281446_5bd54d46c47e1

いかがでしたか?
日本睡眠科学研究所によると、ふとんの中の環境を“寝床内気象(しんしょうないきしょう)”と呼び、温度33±1℃、湿度50±5%が理想であるとしています。
寝ている間に寒くて眠りが浅くなってしまうのはもちろん良くないですが、温めすぎて汗をかいたりして湿度が上がりすぎてしまうと夜中に目が覚めて睡眠不足になってしまいがち。
“For Good Sleep” プリスティンの寝具で快適な睡眠ができますように。

▽プリスティンオンラインショップ/寝具商品はこちら
blogからonlineshopへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事