image1_640x420

PRISTINE Night モンゴルの調べ

Bookmark this on Google Bookmarks

PRISTINE Night ~モンゴルの調べ~ イベントのお知らせ

10月6日(金) @PRISTINE本店
17:00~18:00 トークショー(おくもりひでこ)
18:00~19:00 馬頭琴コンサート(NAGISAさん)

定員20名(先着お申し込み順)
参加費無料

“プリスティンナイト”それは、プリスティンのフィロソフィーと
共鳴する方々とのコラボ企画を通じて、
新しい体験をしていただくサロンです。

今回は
モンゴルの話、プリスティンでも使用している動物のヤクについてを
ブランドディレクターおくもりひでこがお話いたします。
その後、モンゴルよりお招きした、
馬頭琴奏者のNAGISAさんのモンゴルの音楽をお楽しみください。
ウェルカムドリンクとしてモンゴルウォッカと無茶々園さんのジュースをご用意してお待ちしております。

 

モンゴルの調べ-(1)

 

 

すばらしい馬頭琴の演奏を聴き、モンゴルの大草原に想いを馳せる時間をすごしませんか。

▼NAGISA HPはこちら
http://www.nagisa-morinkhuur.org/

店頭、もしくは、お電話にてお申し込み下さい。
プリスティン本店 TEL&FAX 03-3226-7110
▼プリスティン本店
http://www.pristine-official.jp/user_data/honten.php
image3_640X420

 

 

 

 

 

 

 

 

NAGISAさんプロフィール
馬頭琴奏者。3歳よりピアノ、ヴァイオリン、サックスを学ぶ。馬頭琴を頼玉龍(ライ・ハスロー)、
李波(リボー)、ツェンド・バトチョローン各氏に師事。桐朋学園芸術短期大学、
国立音楽院ピアノ調律科および研究科作曲アレンジ科卒業。
現在、国立音楽院講師、日本馬頭琴協会理事。韓国SBSオーケストラ ゲスト奏者。
日本、韓国、モンゴル、スペイン、世界各地で活動中。

馬頭琴とは?
小学校の国語の教科書にも載っている「スーホの白い馬」でも有名な馬頭琴。
モンゴルを代表する弦楽器で、モンゴル語では「モリンホール(馬の楽器の意)」と呼ばれています。
モンゴルでは一家に一台馬頭琴を持っており、それは魔よけとしてお守りの役目をしています。
音質は哀愁を帯びた奥行のある響きでチェロにも似ていることから「草原のチェロ」とも言われます。