23549582_1132758083525866_1592954220_n

pristine busツアー「信州秋の収穫祭」~イベントのご報告~

Bookmark this on Google Bookmarks

信州秋の収穫祭 ~イベントのご報告~

11月11日。アバンティ小諸拠点にて、
pristineのお客様をお連れするバスツアー「信州秋の収穫祭」を行いました。

天候が心配でしたが・・・さすがお客様のパワー!
紅葉の季節も終わりそうでしたが、雲一つない青空の下、紅葉の信州を楽しんでいただけました。
今回は信州を楽しむツアーとして・・
①信州の保存食「野沢菜漬け&たくあん作り」
②えごまとひまわりの搾りたてオイルを食す
③アバンティ畑で採れたお野菜や、地元の食材、そしてみつこおばあちゃんのお手製料理の
「おなかいっぱい、田舎ごはん」
④今が旬のりんご狩り
を行いました。

①信州の保存食といえば「漬物」。
毎年アバンティでは自分達が畑で育てた野菜を用いて、漬物を作っているのですが、
今回はお客様と共に作ることが出来ました!
今回の先生は「食ママ倶楽部」の高地清美先生。
地元のお母さんを中心に将来繋げていきたい食育ということで発酵料理教室や、調味料の企画生産販売、
そして健康に欠かせなく、小諸市で栽培が適している雑穀の推進活動もされています。
そんな高地先生に手取り足取り、漬物づくりを教えていただき、無事に野沢菜100kg,大根40kgの漬物漬けることが出来ました!
漬物づくりは、この長野だと大人数で行う家族イベント。
やはり最近は家族総出で行うことも少なくなってしまいましたが・・・
お客様と社員がまるで家族のように!運動会のようなスピードで漬物をつけました!
あの一体となったスピード感はいくつになっても楽しいものですね。
今回一緒に作っていただいた漬物は12月中旬にお客様の下にお届けいたします。

②今年初めて育てたえごまとひまわり。
油は食事、そして生活に欠かせないものですが、地産のものを美味しく取り入れるにはどうしたらいいのだろうと思い、
今年初めて栽培してみました。無事に収穫できたえごまとひまわりを用いて、オイル搾油体験&搾りたてオイルを食す体験を行いました。
今年一年お世話になったのは「自然農園ゆいま~る」さん。
お米と油を中心に、この小諸を拠点に活動されていらっしゃいます。
何もわからない私たちでしたが、ゆいまーるの太田さんのお蔭様で何とかオイルを搾油するところまでこぎつけました。
日ごろからえごまオイルを召し上がっておられるお客様は
「全然違う!臭みが全くない!」と驚いていただいて、
こちらも体験を行った甲斐があり、とっても嬉しく思いました。
栽培から流通、販売、そしてお客様に届けるまでに、本当にいいものをお届けするためには、いくつも乗り越えなければいけない壁があると思いますが、
今回も栽培から始めることが出来、新鮮なオイルの美味しさ、オイルをお届けするまでに踏まなければいけないステップ、
多くを学ぶが出来ました。
一番はやはり食にオイルは欠かせない!いいオイルをたくさん取り入れていきたいものです。

③「おなかいっぱい、田舎ごはん」
今回はアバンティ畑で採れたお野菜、食ママ倶楽部さんの雑穀、発酵調味料(麹調味料)、みつこおばあちゃんの差し入れ料理で
お腹いっぱいお昼ご飯をいただきました!
お箸が止まらない止まらない・・・お客様もいつもの2倍食べちゃった~と言って頂けて
とっても嬉しかったです。
社員も一生懸命お昼ご飯を作らせていただきました!お客様と当社の社員との関係もお食事を通して
強くなれましたでしょうか・・・?!

④小諸エコビレッジから歩いて10分。
松澤農園さんにて、りんご狩りを行わせていただきました。
雲一つない青空、満点の星のように輝くまっ赤なりんご。何回も深呼吸をしてしまう少しひんやりとした空気。
この季節ならではの自然を心より味わって頂けました。
松澤農園さんは一度も除草剤を使わず、極力農薬も減らして栽培されて70年。
皮ごと食べるりんごがコンセプトです。
りんごの皮に栄養分がたっぷり。もぎたてのリンゴには蜜がたっぷり。
こちらも食べ過ぎてしまいました。

今回4時間の小諸滞在でしたが、
お客様に楽しんでいただけたら何よりです。
この自然豊かな小諸市の拠点でのモノではないコトを通して、
”オーガニック”を一回り大きく感じていただけたら嬉しく存じます。

ご参加いただきました皆様本当に有難うございました。
またのお越しを心よりお待ちしています!