トップ  >  Journal  >  How To  >  下着  >  冬の乾燥肌・敏感肌を優しく保湿する「下着選び」のポイントとは?

冬の乾燥肌・敏感肌を優しく保湿する「下着選び」のポイントとは?

    • 下着
2020.11.30
保湿クリームを塗ってもなかなか追いつかない冬の乾燥肌にお悩みの方は、下着を見直してみるのもひとつの方法です。

ここでは、冬の乾燥肌を優しく包んでくれる下着選びのポイントに注目しながら、おすすめの下着もご紹介していきます。

冬になるとなぜ肌が乾燥するの?

冬の乾燥肌におすすめの下着 冬は空気が乾燥し肌の水分が逃げやすいうえに、肌を覆う皮脂の分泌も少なくなります。さらに寒い冬は、じっくりと湯船につかる機会も多くなるため、肌に必要な皮脂はますます落ちてしまい、水分はますます逃げていくと言った悪循環に。

皮脂バリアが薄くなると、外的刺激を受けやすくなることから、かゆみなどの肌トラブルも起こりがち。乾燥による肌トラブルを防ぐためには、保湿クリームなどのケアにくわえて、肌に直接触れる下着選びも大切です。

乾燥肌を優しく保湿する下着選びのポイント

乾燥肌の保湿を助けてくれる下着選びのポイントは、2つあります。

肌当たりの良い下着を選ぶ

乾燥で肌が敏感になっているため、肌ざわりがよく、刺激が少ない下着を選ぶことが大切です。タグをなくしたり、縫い合わせが気にならない工夫がされている下着を選びましょう。無縫製の下着などは、とてもおすすめです。

素材にこだわって下着を選ぶ

下着の素材でおすすめなのは、コットンです。保温・保湿・発散性に優れているので、温かさを保ちながら、ムレることなく保湿も助けてくれる万能の素材。とくに、丁寧に作られたオーガニックコットンは、肌にも安心・安全、肌ざわりの優しさも格別です。

コットンと並んでもうひとつおすすめなのが、シルク素材。コットンと同じく吸放湿性も高いため、暖房のきいた室内などで汗ばんでも快適です。特有のなめらかな肌ざわりで、肌を心地よく包んでくれます。

乾燥肌や敏感肌におすすめ!保湿を助けてくれる下着3点

プリスティンでは、健やかなオーガニックコットンの風合いをそのままに生かした、無染色の下着をお届けしています。オーガニックコットンの質感はもちろん、タグの位置や縫製にもとことんこだわった、肌当たりの良さも自慢です。ここでは、冬の乾燥肌対策におすすめしたい下着を、3点厳選してご紹介します。

セーターイン 長袖

セーターイン 長袖 プリスティンでは定番の人気を誇る、セーターインシリーズの「長袖」タイプ。薄くなめらかなフライス地は、表にひびきにくくセーターのインナーにも最適です。

この下着の一番の特徴は、チューブ状の生地を使用することで、脇の縫い目をなくしたところ。脇の擦れによるストレスもありませんので、下着の擦れにお悩みだったアトピー性皮膚炎の方アトピー性皮膚炎の方からもお喜びの声が届いています。
※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

オールオーガニック ブラ&ショーツセット

オールオーガニック ブラ&ショーツセット プリスティン自慢のオールオーガニックシリーズ。ブラジャーのフックアイ、肩ひも、パイピング部分やレース、さらには縫製糸にいたるまで、オーガニックコットンにとことんこだわって仕上げました。ノンワイヤーのブラジャーは、バストをしっかり支えつつもソフトで軽い着け心地。トップスにひびかないこともうれしいポイントです。

シルクコットン Uネックプルオーバー

シルクコットン Uネックプルオーバー 表側にオーガニックコットン、肌側にシルクを使用した、リバーシブルタイプのUネックプルオーバー。コットンとシルク両方の質感を感じられる、ぜいたくな仕上がりが自慢です。こちらもチューブ状の生地を使用しているので、脇の縫い目はありません。裾や袖口の縫い代を肌当たりのよいフラット仕上げに、トップスからのぞきにくいよう襟ぐりを大きくするなど、インナーとしての気配りに長けた、おすすめの下着です。

乾燥の季節には、肌をいたわり保湿してくれる下着を選びましょう

冬の乾燥肌対策には、保湿ケアにプラスして、肌に直接触れる下着選びも大切です。シルクやコットンなどの素材、また刺激が少ない縫製の下着を選ぶことがポイントです。

プリスティンでは、冬の乾燥肌や敏感肌をやさしく包み込む、保湿性にも優れたオーガニックコットンの下着が豊富にそろっています。素材や肌ざわりにとことんこだわったプリスティンの下着が、冬の乾燥からあなたの大切な肌を守ります。 オーガニックコットンUnderwear