トップ  >  Journal  >  How To  >  下着  >  マタニティにおすすめ!締め付けずに保温するオーガニックコットン腹巻

マタニティにおすすめ!締め付けずに保温するオーガニックコットン腹巻

    • 下着
2020.12.02
マタニティ期には、腹巻や腹帯をした方が良いと言われていますが、「本当に必要なのかな?」と疑問に思っている方も多いことでしょう。ここでは、妊婦さんが腹巻をした方が良い理由やその選び方、おすすめの腹巻をご紹介します。

マタニティ期に腹巻をした方が良い理由

マタニティ マタニティ期に腹巻をした方が良い一番の理由は、体を冷やさないためです。妊娠中の冷えは大敵で、早産を引き起こしやすくなったり、便秘やむくみを起こしやすくなったりします。そんな冷えから体を守るためにできる対策のひとつが、お腹周りを温めるために「腹巻」を巻くことです。

マタニティ用としてよく耳にする、腹帯との違いを疑問に思われる方も多いようですが、マタニティ専用の腹巻や妊娠中の骨盤のサポートアイテムなど全般を、腹帯と呼んでいます。マタニティ専用ではなくても、愛用の腹巻があれば、もちろんそれを使っても良いでしょう。

マタニティ腹巻の選び方

マタニティ腹巻は、程よくお腹を支えつつも、体を締め付け過ぎないことが大切です。通気性や肌ざわりの良い素材を選べば、より快適に過ごせるでしょう。とくにムレが気になる夏は、吸放湿性に優れ肌ざわりもなめらかな「シルク」もおすすめ。冬場は、ロング丈やパンツと一体型になっているものがおすすめです。

オーガニックコットン素材の腹巻で1年中快適!

マタニティ腹巻でもうひとつおすすめの素材が、「コットン」です。綿素材なのでお肌に安心して使えて、コットン本来のふわふわのやわらかさや吸放湿性にもとても優れています。ムレずに保温してくれるコットンなら、腹巻としても1年中快適にお使いいただけます。

マタニティにおすすめのオーガニックコットン腹巻をご紹介

それではここで、マタニティ期におすすめしたい、オーガニックコットン素材の腹巻をご紹介します。

シルクコットン チューブ腹巻

シルクコットン チューブ腹巻 表がオーガニックコットン、裏がシルクの2重構造でできたチューブ腹巻です。使われている伸縮糸も、ポリウレタンを芯にしたオーガニックコットン糸を使用していて、肌に当たる部分は天然素材にこだわっています。リバーシブルタイプなので、夏はシルク面を肌側に使うと快適。長さも十分にあって、マタニティのお腹もすっぽりと包みこみ、保温してくれる優れものです。

チューブ薄手腹巻

チューブ薄手腹巻 肌に当たる部分をオーガニックコットンにこだわった、伸縮性のあるチューブ腹巻です。薄手で表に響きにくいので、薄着になる春~夏にも重宝します。しゃがんだ時に背中が見えないよう、後ろに少し長さを持たせるなど、気配りが利いていているのもうれしいポイント。
「薄いのに十分温かい」とお喜びの声も届く、人気の腹巻です。

無縫製 薄手ハーフパンツ

無縫製 薄手ハーフパンツ 無縫製ならではのストレスのないなめらかさが自慢の、腹巻とパンツが一体型になったハーフパンツです。保温効果が高いうえに、表にラインも響かないのでとても重宝する1枚で、プリスティンスタッフにも愛用者の多いアイテム。マタニティのお腹もすっぽりと包み込み、冷えから守ってくれます。「妊娠中毎日使っていました」と、妊婦さんからもご愛用の声をいただいています。

オーガニックコットンの腹巻でマタニティ期を快適にすごそう!

農薬を使わずに栽培されるオーガニックコットンは、自然の恵みをたっぷりと受けながら健やかに育った、地球環境や人にも優しい素材です。マタニティ期はオーガニックコットン腹巻で体を冷えから守りながら、そのやさしい肌心地に癒やされてみてはいかがでしょうか。

プリスティンのオーガニックコットンアイテムは、マタニティ専用ではありませんが、腹巻以外にもゆったりと心地よく着られるアンダーウエアが数多くラインアップ。肌ざわりが快適で優しい保温力がうれしいと、多くの妊婦さんにご愛用いただいています。 オーガニックコットンUnder