トップ  >  Journal  >  INTERVIEW  >  MENS  >  gents story - KANEMORI Shuhei 兼森 周平

gents story - KANEMORI Shuhei 兼森 周平

兼森 周平 KANEMORI Shuhei
株式会社フィリフ代表

ものづくりで大切にしていること

台東区にアトリエショップを構え、プリスティンとも長きに渡り、さまざまなコラボレーションや展示を通して世界観を共有するアクセサリーブランド「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」。 建築業界で意匠を学んだ兼森周平さんと、彫金を学んだ平岩さん2人によるデザインユニットが作りだす作品は、そのコンセプトや温もりを感じる手仕事にファンも多く、昨年、俳優の竹中直人さんとのコラボレーションで、ネックレスやピアスを発表するなど、その活動にも注目が集まっている。
植物や建築など風景をテーマに製作するなかでも、人気モチーフである「家」のアクセサリーは、もともと建築業界でモノ作りをスタートした兼森さんならではの発想だ。
「僕は最初、アクセサリーを展示するディスプレイなどを手作りしていたのですが、製作に携わるなかで、真鍮で『家』のアクセサリーを作ってみたいという構想が生まれ、教えてもらいながら見よう見まねで作るようになって、2010年から二人でスタートしました。建築は、どちらかというと要望のあったものを形にして、問題を解決するスタイルですが、それよりは、自分がこれを作りたいというほぼ100%アイデアからモノ作りができる方が、自分には合っているようと感じたんです」
「フィリフヨンカ」のものづくりで大切にしていることは、「二人の主観を合わせて、客観化すること」と話す兼森さん。 「僕が考えてすぐ完成品を作るのではなく、一度、平岩の視点を加えてもらうようにしています。逆も然り。男性的な視点だけだと可愛さがなかったり、頭でっかちのデザインになってしまったり、女性的な視点だけだと可愛いだけで論理的な視点がなかったりもするので、主観を二人分にして、バランスをとるようにしています」

「思いを馳せる時間」がコンセプト

一つ一つの「家」に表現されるように、「フィリフヨンカ」では「思いを馳せる時間」がコンセプトとなり、ストーリーのあるアクセサリーが生まれているのだ。
「たとえば『家』のモチーフは、特定のストーリーを設定しているわけではなく、身に付けていただく方が個々で、「ここはどんな人が住んでいて、どんな暮らしをしているか?」など想像してもらえれば嬉しい。みなさん、日々忙しいので、ふとした瞬間にアクセサリーを見ることで、日常からちょっと離れて、思いを馳せれるものがあるといいですよね。
新たに、山で採取した本物の天然石を使ったアクセサリーのシリーズを進めているのですが、全国各県の山から採取することで、お客様がそれぞれ「地元の山の石」というものに愛着を感じてくださって、大切なものになる気がしています。天然石は使い込むほどに角が取れて、丸みができて、皮脂を吸収したテカリが染み込んでいくので、育てていくようなイメージですね。 こういったエシカルな取り組みは、今後もっと取り組んでいきたい事でもあり、プリスティンさんの理念とも共通する部分だと思うんです。プリスティンさんが〝仕組みづくりから〟自分たちで担っているように、僕たちも将来的にはそういう部分からやっていきたい。物作りの考え方が近いだけでなく、活動的にも大きく影響を受けていますね」

プリスティン商品を使ってみて

今回、兼森さんが着用しているのは、「Wフェイス トッパーカーディガン」。内側はコットン、外側がヤクなので肌に触れる面は柔らかく、あたたかいカーディガンです。
「生地が2枚仕立てで、夏はもっと暑いのかと思っていたのですが、通気性もあって、着心地がすごくいいです。息子に関しても、子供の肌って敏感なので、新しい衣類は着心地の良し悪しで不快感を表すこともあるものですが、プリスティン・ベビーの衣服は気持ちいいみたいで、全然嫌がらずによく着ています。プリスティンのアイテムは、素材の良さを感じるだけでなく、デザイン的にも僕が好きなタイプが多くて、これまでは、平岩のオーバーサイズで着ていたワンピースを、いつの間にか僕がプルオーバーのように着ていたことも(笑)。メンズシリーズの「プリスティンジェンツ」の登場は嬉しかったですね」

お気に入り商品は?

    ヤクコットンWフェイス フェイストッパーカーディ
    表がヤク混、裏がコットンになるよう二重臼という編み方で編んだトッパーカーディ。
    ハイゲージの成型編みでリンキングですっきりと仕上げています。
    衿をダブルにした雰囲気のあるカーディガンです。
    ひつじパイル トレーナー
    生地のやわらかさが人気のノーマルパイルに、ほのぼのした顔のひつじをアップリケしたトレーナー。
    ミントグリーンとヤクグレーの配色がアクセント。
    袖を折り返して70の子から着れる新サイズです。
    70の子は袖を2つ折りに、80の子は1つ折りでお召しください。
    ヤクコットン ボーダーはらまきレギンス
    ヤクグレーとオーガニックコットンの細ボーダーの、軽くてあたたかいエアニット素材を使用したパンツ。
    内側は100%オーガニックコットンで肌当たりもなめらか。
    シンプルで使いやすいので男の子にも女の子にもおすすめです。
    ウエストにはヤク混のスパンテレコを使い、おなかを冷やさないようすっぽり覆う丈にしました。
    今期は裾を折り返して70cmの子から着れる新サイズです。

PHOTO

プロフィール

兼森 周平 KANEMORI Shuhei
株式会社フィリフ代表
広島県生まれ。名古屋工業大学建築学コースを卒業後、バレンシア工科大学へ留学。名古屋工業大学大学院博士前期課程修了。2010年、彫金を学んだ平岩さんとアクセサリーブランド「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」をスタート。「思いを馳せる時間」をコンセプトに作られ、身につける人それぞれのストーリーを持たせてくれるアクセサリーは、全国に多くのファンをもち、各地でポップアップが企画される人気ぶり。WEBサイト http://www.fillyjonk.com/