トップ  >  Journal  >  INTERVIEW  >  MENS  >  gents story - TAKADA Kiyohiko 高田 喜代彦

gents story - TAKADA Kiyohiko 高田 喜代彦

高田 喜代彦 TAKADA Kiyohiko
「三越伊勢丹研究所」紳士・スポーツ担当 ディレクター

プリスティンと出会ったきっかけは?

三越伊勢丹グループの店舗における品揃えの方向性や、商品展開や装飾などを提案するだけでなく、毎シーズンのトレンドを示したり、新規取引先のリソースを開発するなど、メンズのディレクション全般を担う、高田氏。百貨店のなかでもいち早く「メンズ館」という独立したカタチをとった「伊勢丹メンズ館」では、B1Fでプリスティンジェンツも取り扱われています。
「メンズ館は1968年に今の場所を使って、メンズのみを扱うビルとして独立したので50年。2003年に「伊勢丹メンズ館」という呼称に変わったので、今年の9月で、「伊勢丹メンズ館」としては15周年を迎えます。
デパートは面積が広いので、お客様が満足のいくサイズやカラー展開など品揃えの幅、奥行きを持っていることが特権のひとつなのですが、館トータルで考えた時に、こういうお客様にはこういったものが必要だよね…という細い想定で品揃えしています。
プリスティンさんには、もう10年以上ラブコールをしていたのです。『“オーガニックコットンの肌着”を求める奥様がいて、お子様がいて…、なのに、なんで旦那様だけないんですか!?』と(笑)。男女は肉体的に違っていても、基本のニーズや価値観は一緒。ですから、男性ラインとしてジェンツがスタートすると聞いた時には、『待っていました!』と嬉しかった。」

プリスティンジェンツの存在意義

「プリスティンジェンツは、肌着からリラクシングウェア、パジャマ、ソックスまでトータルで展開しているので、その世界観を作って、肌着フロアで何度かポップアップをやっているのですが、売上も毎回拡大しています。
今の時代、お客様は千差万別ですが、いわゆる、流れゆくトレンドとしてのファッションとしてではなく、もう少し現代のサスティナビリティという考え方に近いような、“育てて行くファッション”みたいな価値観をもったお客様が多くなった気がします。例えば前者の「流れゆくトレンド」としてファッションを捉えている方だと、『今年は私っぽくないから買わなくていい』となりますが、プリスティンは質自体に惚れ込んだ、安定した顧客様が来てくださって、さらに『いい肌着だよ、いい素材だよ』とお客様を増やしてくださる。
ファッションのなかでのオーガニックはある意味地味なイメージですが、いまは間違いなく、地球環境や社会、植物などに目が向いて、共生する時代になってきていて、それを体現できるブランドさんをずっと待っていたのです」

プリスティン商品を使ってみて

プリスティンジェンツができる何年も前から、プリスティンのオーガニック素材に目を向けてくださっていた証に、2012年には、メンズ館に入っている13ブランドで、(プリスティン擁する)アバンティ社の生地を使ったプロジェクトが、伊勢丹メンズ館の企画のもと、実現しました。
「三越伊勢丹側の『オンリー・エムアイ』という企画で、2階と6階で展開するデザイナーやキャラクターなどコンテンポラリーなブランドに、アバンティ社のオーガニックコットンを使って一緒に作りませんか?と持ち掛けました。「Creation by Avanti」と題して、全部で13ブランドからオリジナル商品を開発し、販売できました。お客様に何らかの形でプリスティンの商品をお届けするためには、お客様にその良さをわかってもらう必要があり、そのためには新たな価値観で市場を開拓しなければならない。三越伊勢丹のマーチャンダイジングのクリエイティブ活動として企画しました」
待望のメンズライン、プリスティンジェンツから、高田氏が着用するのは、「裏パイル クルーネック長袖プルオーバー」。
「オーガニックの素材そのものであって、原料に他のものを混ぜていないから、繊維自体に均一性があり、ブレがない。ですから非常にタッチがソフトで、なおかつ無染色ゆえに、繊維自体に染色液が入っていないため、とても軽いのです。色合いにしても、自然そのものの色ですから、目にも優しいですし、五感にも心地好いウエアだと思います」

お気に入り商品は?

    裏パイル クルーネック長袖プルオーバー
    柔らかくて空気を含む、気包(キフ)編みのクルーネックセーター。
    表のヤク20%混の追撚糸、裏はオーガニックコットンのパイルで肌あたりやさしく仕上げました。
    気包(キフ)編みとは、ニット生地の表面に優しい泡のようなループを編み込んだ、新しい技術です。
    従来のパイル編みとは異なり、止め糸を使わずにループを編み込んでいるので柔らかく膨らみがあります。
    ポイントにgentsの「g」をひとつひとつハンドル刺繍しています。

PHOTO

プロフィール

高田 喜代彦 TAKADA Kiyohiko
「三越伊勢丹研究所」紳士・スポーツ担当 ディレクター
三越伊勢丹グループ店舗や事業の方向性を提案し、マーチャンダイジング活動に対する方向性を示す「三越伊勢丹研究所」において、紳士服からスポーツ部門までディレクション業務を担う。30年以上にわたり紳士服を担当する、メンズファッションのスペシャリスト。プライベートでは、20年以上前に群馬へ引っ越したのを機に、自分の畑を耕し、野菜などを育てている。