トップ  >  Journal  >  INTERVIEW  >  MENS  >  gents story - 布川郁司 NUNOKAWA Yuji

gents story - 布川郁司 NUNOKAWA Yuji

布川郁司 NUNOKAWA Yuji
「株式会社ぴえろ」最高顧問・ファウンダー

これまで、そしてこれからのお仕事について

『うる星やつら』や『幽☆遊☆白書』、『NARUTO-ナルト-』などの人気コミックスのTVアニメーションや映画の企画制作・版権管理を担ってきた、布川郁司氏。

「独立前は、演出家としてタツノコプロダクションに入り、『いなかっぺ大将』や『タイムボカン』、『ヤッターマン』など多数の作品を担当しました。アニメーションは実写版と近く、ほぼオリジナルのストーリーが多かったので、演出家はシナリオを書いた後に絵コンテを起こします。これが画面作りには重要な役割で、ようは絵の台本ですね。29歳で独立し、最初は吉祥寺の小さなマンションでスタートしましたが、6年間ほど下請けを続けてわかったのは、やはり下請けでは自分たちが作った作品の権利主張ができないという現実。アニメーションの仕事は、制作物と、制作後の権利の活用を併用していかないと成り立たないことに気付き、ライツビジネス(著作権管理)を作り上げていきました。」

半世紀にわたり、日本のアニメーション界を盛り上げてきた布川氏は、4年前に社長職を譲り、同社の会長に就任し、現在は取締役最高顧問となり、若手人材育成のためNUNOANI塾を設立し、塾長を務めている。「これからはもっと面白いことをやりたい」と、4月2日(火)から開催される「ラフ∞絵」は、布川氏が発起人となって、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の秋本 治氏と、「FINAL FANTASY」シリーズのイメージイラストなどで知られる天野喜孝氏、「機動戦士ガンダム」シリーズのメカニックデザイナーの大河原邦男氏、「魔法の天使 クリィミーマミ」のキャラクターデザインを務めた高田明美氏が集結した、業界騒然の大展示会だ。

「ラフ∞絵」とアバンティとの関わり

「皆さん、タツノコプロ時代からお仕事をご一緒していて、その後も個人的にお付き合いを続けていた方々ばかり。一昨年の暮れに、このメンバーに声優の平野 文さんを交えた食事会があり、一人ずつ個展もやってらっしゃるけど、『これだけ集まったのだから、みんなで何かやりたいね』となったのがきっかけです。その際、自宅で飾る用に、皆さんそれぞれのキャラクターを6枚のボードに描いてもらったのですが、それらを眺めていて感じたのは、やはりササっと書いた最初の絵(ラフ)は、すごく魅力的。皆さんラフを手元に残しているのでは…!?と思いたちました。そこから、大量のラフをお借りし、一人200枚近くをセレクト。天野さんなんて、『これラフなの!?』というほどのクオリティで(笑)。これほどの方々が一同に会するとなると、大変だったのは著作権処理ですね。集英社さん、サンライズさん、タツノコさん…と、下から稟議をあげていたら大変なことになってしまうから、全部社長からトップダウンでお願いして、やっと(笑)。また、『チェンジ・アンド・チャレンジ』と題して、 4人のアーティストがそれぞれ他のアーティストの代表作品を描いていて、天野さんのタッチで描かれた『機動戦士ガンダム』や、大河原さんが描くロボット仕立ての『こちら葛飾区亀有公園前派出所』など、ここでしか見られないものばかりです。今のアニメはタブレットで描く時代。鉛筆で描いたタッチを是非若い方々にも見てもらいたいですね」

布川氏ならではの視点が企画となり、氏によってこそ成しえたことともいえる、今回の「ラフ∞絵」。展示中には、アバンティ社製のTシャツや手ぬぐいなどの公式グッズも販売予定だ。

プリスティン商品を使ってみて

「今回来場されるお客様は大人やミドルエイジが多いですし、物販スペースでは記念になるものとして、ギャラリーショップ的なクオリティの高いものも作りたかったので、上質な手ぬぐいやTシャツなどを作るにあたり、アバンティさんに受注生産という形でお願いしました。アバンティさんは全く異なる業界ですが、オーガニックコットンという一つのものをゼロから生み出し、きっちり製品にし、販売までしていくという一貫した構成の深さに、僕らのモノづくりの行程も似ていると感じ、うまく連動できるのではと、オファーしました。」

こう語る布川氏が撮影時に着用していたのは、「ヤクコットンWフェイス Vネックカーディ」と、インナーには「スーピマ天竺 クルーネック長袖Tシャツ」。

「オーガニックコットンの肌触りが気に入っていて、夏も冬も部屋着は全部プリスティン。デザイン性もおしゃれなので、部屋着といっても、そのまま外出できるのでラクなんです。毛布や寝具も購入していますし、いいユーザーですね(笑)。日常で使っているものだからこそ、今回“上質”というキーワードで、コラボレーションに繋がったんだと思います。」

お気に入り商品は?

    ヤクコットンWフェイス Vネックカーディ
    弱い操作のウエットクリーニングができる
    表がヤク混、裏がコットンになるよう二重臼という編み方で編んだVネックカーディガン。
    ハイゲージの成型編みでリンキングですっきりと仕上げています。
    ヤクのチクチクを感じさせないやさしい仕様のカーディガンです。
    裾の「g」のハンドル刺繍がポイントです。
    スーピマ吊天竺クルーネック長袖Tシャツ
    繊維長が長いスーピマコットンを希少な吊り編機で、
    ゆっくりゆっくり編んだ天竺素材でつくったシンプルなクルーネックTシャツ。
    クルーネックのご要望をたくさん頂き、今シーズン新たに登場しました。
    ベーシックアイテムなので1年通して活躍します。
    裾の「g」のハンドル刺繍がポイントです。
布川さんが発起人となって行われる「ラフ∞絵」の情報は下記の通り。
▼ 「ラフ∞絵」
4月2日(火)~4月16日(火)まで、千代田区のギャラリー「3331 Arts Chiyoda」にて開催予定。
http://4rough.com/
公式Twitter:@4rough_official

PHOTO

プロフィール

布川郁司 NUNOKAWA Yuji
「株式会社ぴえろ」最高顧問・ファウンダー
日本のアニメーション業界を代表する「スタジオぴえろ」の創設者。1979年、株式会社ぴえろ設立。『ニルスのふしぎな旅』をはじめ、『うる星やつら』、『幽☆遊☆白書』、『ヒカルの碁』、『NARUTO-ナルト-』『魔法の天使 クリィミーマミ』などの人気コミックスを原作としたTVアニメーションや映画などの企画・制作に携わる。著書に「『おそ松さん』の企画術」など。