トップ  >  Journal  >  LETTER  >  こうしてほしい  >  天然染料で染めた服を多く出してほしい。
こうしてほしい
天然染料で染めた服を多く出してほしい。
色が選べるように、天然染料で染めた服を多く出してほしい。

( 40代 /女性 /オンラインショップ )

\ プリスティンスタッフより /

お声を頂きまして、誠にありがとうございます。

2019/2/9

いつもプリスティンをご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

プリスティンは通常、素材のお色味を生かした無染色の製品のご用意でございますが、
2018年の夏、「Japan Blue」という名で、初めて、藍染めの商品を展開いたしました。
ワンピースやボトムスのウェア、ソックスやスカーフのグッズをご用意いたしまして、大変ご好評をいただきました。
天然繊維で染色したお洋服並びにグッズは、これからも展開致しますので、ぜひ、お楽しみいただけますと幸いでございます!

尚、プリスティンでは、2012年12月より「Re PRISTINE」という染め替えサービスを致しております。
染料は、茜・栗・丁子・柿渋などの植物染料を用いております。
こちらもご利用いただきまして、プリスティン製品をより長くお楽しみいただけますと幸いでございます。
  • 藍染めパール付き スカーフ
    「Natural&Japan Blue」のアイテムにぜひ合わせて使いたい、パール付きのスカーフ。
    こちらのパールはふたつとして同じものがないのが魅力であるシンデレラパール。
    80/-平織という繊細な生地を使用しているため、柔らかな肌あたりです。
    オーガニックコットンの生地を京都の職人さんが藍の濃淡で表情豊かに染めつけてくれました。

▼Re PRISTINEについて

Re PRISTINEとは、2012年12月からPRISTINE自由が丘店でスタートしたPRISTINEの新しいサービスです。
Re - COLOR(リカラー)は、京都御苑近くのHINAYA KYOTOの染め場で、職人の手でオーガニックコットンのアイテムを一枚一枚丁寧に染替え。
染料は、茜・栗・丁子・柿渋などの植物染料を用いた染色を使い、媒染剤には重金属ではなく、ミョウバン・鉄を使用します。

シミが付いたり、使用するにつれて色が変わった皆さまのPRISTINEアイテムを、もう一度楽しんでいただきたい。
そんな想いで取り組みを始めたRe - COLOR のサービスは、心もタンスも軽くなるPRISTINEの新しい取り組み。皆さまのお役に立てれば幸いです。