トップ  >  MAGAZINE  >  【12月1日~29日】プリスティン都内路面店にて作家さんのアクセサリー、キャラバン販売します
【12月1日~29日】プリスティン都内路面店にて作家さんのアクセサリー、キャラバン販売します
直営店・自社イベント
2020.12.01
SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
大切なあのひとへのクリスマスプレゼントに、
一年がんばったご自身へのご褒美にもおすすめの、
すべてが1点もののアクセサリーを都内路面店にて、キャラバン販売します!
アンティークビーズを使った、刺繍アクセサリー作家「LA COET」さんと、
北欧サーミ族の伝統アクセサリー『Duodje(ドゥオッチ)』をつくる「野口陽平」さんのアクセサリーをこのたび取り扱います。

ラ・コエットさんの一部アイテムおよび、野口洋平さんの全アイテムは受注生産でのお渡しとなります。
各店舗にてお電話でのお問い合わせも承っておりますので、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。


【ラコエットさん取り扱い期間】

■本店:12/3(木)~13(日)
■吉祥寺店:12/15(火)~20(日)
■自由が丘店:12/23(水)~28(月)


【野口陽平さん取り扱い期間】

■自由が丘店:12/1(火)~13(日)
■本店店:12/16(水)~20(日)
■吉祥寺店:12/23(水)~29(火)


【LA COET(ラ・コエット)】
「時間を超えるアクセサリー」をコンセプトに、藤原琴絵さんが福岡県嘉麻市にて活動。
素材の美しさが活きるよう、足し算と引き算のバランスを大切に
身につけた時の感触、動き、シルエットを想像しながら
ひとさしひとさし丁寧に刺繍してつくる、タイムレスなラ・コエットのアクセサリー。
フランスやチェコのビーズ・スパンコールなどを中心に、選りすぐりの素材を用いてます。
特にビーズとスパンコールは 1900年代初頭のアンティーク、1950年代頃のヴィンテージなど、
手に入れることが難しい稀少な素材をふんだんに使用し制作しております。


【野口陽平さん】
北欧の伝統工芸Duodjeの制作を開始し独学で習得。
2017年よりデザインから制作までを手かげる「YOHEI NOGUCHI」をスタート。
一点一点手作りで北欧サーミ族の伝統的なアクセサリーを製作。
トナカイの革、角、ピューターワイヤー(錫糸)を使用しており、
その素材は全てスウェーデンから輸入しています。
SHARE
  • Facebook
  • Twitter
  • Line