メインコメントの挿絵

vol.10 made in Japanのオーガニックコットン日傘ができるまで

記念すべき第十弾は、東京都で生まれたオーガニックコットンの日傘をお伝えいたします。
全てのモノには生まれてきたストーリーがあります。
商品を手にとるお客様へそのストーリーを少しずつでもお伝えできればと思います。


※こちらの日傘はキャンペーンプレゼントとなりますので、販売はしておりません。
あらかじめご了承くださいませ。
※ご好評につきキャンペーンは終了いたしました。

「お邪魔します」とお部屋に入ると、とても穏やかそうなおじいちゃんが私達を迎え入れてくれました。
早速、生地の裁断からスタートです。三角のパターンで『小間』を裁断します。

切断した生地の端をミシンで処理する『中縫い』です。『中縫い』には1本針で鎖のように縫える専用のミシンを用います。そうすることで縫い目が伸縮しやすくなり、開閉のしやすい傘になります。
8枚の『小間』を縫い合わせていきます。
にこにこお話をしてくれますが、そのスピードはさすが職人技。
次に『ダボ』という骨の部分を覆う布を型で抜きます。
この型で一気に8枚分を抜きます。職人の持つ道具は、とてもかっこいいです。今はもうこの型を作れる職人がいなくなっているとのこと。
型で抜いた生地を縫いつけていきます。
次は『天紙(てんがみ)』です。天紙は傘の内側中心にある丸い布です。
天紙は生地本体の傷みを和らげる役目があります。『ダボ』よりも少し大きな丸型です。
これは『露先』という部分。傘の骨の先につけられます。
そしていよいよ骨に生地を取り付けていきます。
まずは蝋が塗られている糸を撚ります。
この取付けの技がとにかくはやい!
あっという間に傘の骨に生地が縫い付けられていきます。
まだまだ続きます!あとは『菊座』と『陣笠』です。
菊のお花のような形のものを先端にとりつけます。
金属でできた『陣笠』はハンマーで打ち込みます。
そしてようやく完成。傘はたくさんのパーツが使われており、その工程も多く驚きました。
傘職人の平均年齢はなんと80歳!
高齢化により、傘を作る方は年々減っているそう。
「一人前になるまでに、十年はかかる。時間がかかるから職人が育つのは大変だ」と職人。

いかがでしたか?
たくさんの人の思いがつまった made in Japanのオーガニックコットン日傘。

こだわりの傘を作る、株式会社ラグ・タイム社長の小林さん、傘一筋50年の須崎さん、本当にありがとうございました。これからも日本の伝統技を守っていってください。


※こちらの日傘はキャンペーンプレゼントとなりますので、販売はしておりません。
あらかじめご了承くださいませ。
※ご好評につきキャンペーンは終了いたしました。
ホーム > サイトコンテンツ > ものづくりストーリー > vol.10 made in Japanのオーガニックコットン日傘ができるまで