トップ  >  Journal  >  Story  >  一覧に表示  >  ハーフトップ・スタンダードショーツができるまで

ハーフトップ・スタンダードショーツができるまで

vol.38
38回目の今回は、ハーフトップ・スタンダードショーツができるまで、を取材しました。
全てのモノには生まれてきたストーリーがあります。
商品を手にとるお客様へそのストーリーを少しずつでもお伝えできればと思います。


▼製品ができるまでのものづくりストーリーを動画でお楽しみください。
  • -Products-

    1枚の生地から製品へ。
    手間ひまかけた料理がおいしいように、使ったときに気持ちよさを感じてもらえるように
    素材のよさを生かしながら、ひと手間もふた手間もかけて、縫製しています。

    縫い代、縫い目を表側にして肌へのストレスを極力少なくなるように作ったブラジャーとショーツ。
    長年多くの方に愛されているプリスティンのロングセラーアイテムは長崎県壱岐市でつくられています。
  • 生地の裁断室です。柔らかい生地に型紙を載せて、それぞれのパーツに合わせて裁断していきます。
    職人の絶妙な力加減によって次々とパーツができあがってきます。
  • 1針1針心をこめて丁寧に縫い合わせていきます。
  • 「締めつけ感ではなく欲しかったホールド感がある」「背中のホックがないので便利、肩紐も太くて安心感がある」など、一度使うと手放せなくなる方の多いハーフトップブラジャー。

    多くの方に愛されるこのブラジャー・ショーツは、生地から製品に仕上げる工程にも多くの人の手を通り、多くの人の心が込められています。
  • -Textile-

    では、その生地はどのようにできあがるのでしょうか。

    1本の糸から1枚の布へ。
    日本各地に広がる産地の技術を生かし、気持ちの良い製品のために風合いと洗練された表情を追求し日々開発しています。
  • すこやかな原綿からできた糸は、愛知県のニット工場に送られます。

    愛知県一宮市(尾州地区)は世界三大織産地のひとつといわれています。
    豊富な水に恵まれ、昔から繊維の街として栄えてきました。
  • この商品の生地は、ポリウレタンを芯にして紡績した糸で編んだ生地を使っています。
    そうすることで肌に触れる部分にはオーガニックコットン(綿)素材が当たりながらも、ポリウレタン芯によってしっかりとしたフィット感を生み出すことができるのです。
  • ポリウレタンを使っているからこその工程である「ヒートセット」をご紹介します。
    ゴムのキックバックの強さを生地に固定するために180度くらいの高温で生地を左右に引っ張りながら加工を施していきます。
    この大きくてなが~い機械を通ります。
  • -Yarn-

    さまざまな工程を経て、ようやく生地ができあがります。
    では、生地にするための糸はどのようにつくられているのでしょうか。

    綿から1本の糸へ。
    はるか遠い地の畑で育った綿花は船で運ばれ、日本の紡績工場でさまざまな太さの糸に生まれ変わります。
  • 創業1932年、富山県富山市に紡績工場があります。
  • かたく梱包された原綿を開俵し、紡績工程へと進みます。
    原綿はいくつもの工程を経て、1本のしなやかな糸へと生まれ変わります。
  • ここでもまた、多くの人の手を通り、多くの人の心が込められてようやく糸になります。
  • -Farm-

    天然素材でできたものは、すべて畑から生まれています。
    遠い空の下、太陽をたっぷり浴びて育った綿花が、姿をかえてあなたの元へたどり着いたのです。
    その光景にも、少し思いを馳せてみませんか?
  • 360度、見渡すかぎり広がる農場。
    牛糞の有機肥料を使った畑の土は、バクテリアが豊富でやわらかく、栄養がたっぷりです。
    もちろんそこに蒔く綿花の種は、遺伝子組み換えをしていないものに限定しています。

    ハーフトップ・スタンダードショーツの原綿は、アメリカ テキサス州とニューメキシコ州で育ちました。
  • 収穫された綿花は、綿と種やがくといったゴミとで分けられて大きな俵(ベール)状に梱包します。
  • そのベールには、第3者認証機関であるUSDAの厳しい基準をクリアした証の認証マークがきちんと印されています。
  • いかがでしたでしょうか?
  • あなたが選ぶ1枚は、世界とつながっています。手にした瞬間は何も変わらないかもしれないけれど、その1枚ができるまでの背景を知り、思いを馳せて選択することがゆっくりと確実に未来を明るく変えると信じています。
\ この製品はこの場所でつくられました /
プリスティンの顔が見えるものづくり、原綿から製品までは各地域でつくられています。
  • アメリカ テキサス州・ニューメキシコ州
  • 富山県 富山市
  • 愛知県 一宮市
  • 長崎県 壱岐市
  • ハーフトップ
    プリスティンで一番最初につくったオーガニックコットンブラジャーであるハーフトップ。
    これまで多くの方にお使いいただいたロングセラーアイテムです。
    縫い代、縫い目を表側にし、肌へのストレスを極力少なくなるように作りました。
    幅の広い肩紐で胸をしっかり包み込み、肩への負担を和らげたらくちんブラジャー。
    ストラップが苦手な方にもおすすめです。
  • スタンダードショーツ
    はき心地、機能性の優れたショーツ。縫い代が肌にあたらないよう、脇の縫い目は前面に移し、ウエストの縫い目は表に出しました。
    ヒップをきれいに包みこみ、股上は深くおへそ下を覆う安心感のあるデザイン。
    伸張性のある生地で、自然のテンションを生かし、ウエストと足繰りにゴムを使っていません。締め付け感なく身につけていただけます。
  • ハーフトップ ブラ&スタンダードショーツセット
    シンプルな形が着やすいブラ&ショーツのセットです。
    伸びの良い天竺を使用しているので、ヨガなど運動時にもおすすめです。
    カラーはナチュラル(生成り色)とブラウンをご用意しております。

この生地でできた他のアイテム

  • ストレッチ天竺 深ばきショーツ
    お腹やお尻をすっぽりとソフトなフィット感で包み込んでくれます。 浅いローライズのショーツが苦手の方におすすめです。

バックナンバー

関連する記事がありません