トップ  >  PHILOSOPHY(ブランドについて)

PHILOSOPHY ブランドについて

気持ちのいい毎日のために手を掛けすぎない、手を抜かない。
プリスティンは、暮らしに寄り添うオーガニックコットンブランドです。
ブランド名のPRISTINEは「素朴な、清らかな状態を維持し続けていくこと」
という意味を持っています。
プリスティンの製品を通して私たちの暮らしはもちろんのこと、作り手の方々や自然にとっても清らかであり続けられることを目指して日々ものづくりをしています。

ORGANIC COTTON オーガニックコットン

まだオーガニックコットンが日本でさほど知られていなかった1996年にオーガニックコットンの
ライフスタイル提案ブランド「プリスティン」が誕生しました。
気持ちが良いものであれば、きっと永く使い続けることができる、
そんな想いをもって私たちはオーガニックコットンを使い続けています。

COMMITMENTS 5つのこだわり

プリスティンがずっと大切にしてきたこと
  • 01/色を染めない、無染色
    ものづくりをするすべての工程において地球・環境・人にやさしい方法を選びます。だから色を染めずに綿そのものの色合いを存分に生かします。
    02/メイド・イン・ジャパン
    日本でこれまで培われ、職人が引き継いできた伝統や技術を活かすために、糸から生地、そしてみなさまの手にお届けする最終製品までの工程を日本国内で行っています。
  • 03/顔の見えるものづくり
    手にした商品が「いつ、どこで、誰が」つくったのかがわかるように原綿から最終製品になるまでのプロセスを自社で管理しています。
    04/やさしい仕様
    肌にもこころにも「やさしい仕様」のデザイン。使う人と使う場面を考えて、生地選びから縫製に至るまで、やさしい工夫がつまっています。
    05/シンボルはてんとう虫
    自然のサイクルに忠実に育てられたオーガニックコットン。農薬を使わない畑ではてんとう虫は益虫として活躍しています。だからてんとう虫はシンボル、守り神なのです。

LIFE AND PRISTINE 毎日の暮らしに寄り添うプリスティン

より永く、より身近にプリスティンを

SOCIAL ACTION ソーシャルアクション

プリスティンを通した社会貢献
東北グランマの仕事づくり
2011年3月11日に起きた東日本大震災では、東北地方を中心に甚大な被害をもたらしました。プリスティンでは、働くよろこびと明日への希望を取り戻す「被災地雇用創出」を目的に製品づくりの一部を東北のお母さんたち(東北グランマ)と一緒に取り組んでいます。
児童労働から子どもを守る、NGO ACEへの支援
NGO ACE(エース)は、インドとガーナで子どもを危険な労働から守り、日本での市民・政府・企業への働きかけを通じて、世界の児童労働の撤廃と予防に取り組んでいます。プリスティンでも児童労働から子どもを守るために支援を続けています。
わくわく のびのび えこども塾
子供と大人、社会、被災地の人たちなど、世代や地域の垣根を超えて、生きていくための原点「衣・食・住」を考える。自然の中で、体を動かして体験し、学び、羽をのばすことのできる、わくわくのびのびする「場」を目指しています。女性経営者12人が理事を務める、一般社団法人です。

MESSAGE メッセージ

ブランドディレクター奥森からのメッセージ
新年あけましておめでとうございます。
今年は帰省も叶わず初詣もあきらめ、静かにお正月を迎えた方が多かったのではないでしょうか。
私もその一人です。
自身と向かい合う時間をたくさん頂き、すべてのお節を手づくりでと挑戦しましたが、
蒲鉾だけは断念、持越し課題になっています。
祖母や母たちはこの一年の家庭であった出来事を振返りながら、家族の健康を願い、
1ヶ月も前から食材や器の支度を始めていたのだろうと想いを馳せました。

ふと冬の空を見あげるとどこまでも澄みきった青い空の彼方には
白い帽子を被った富士山が頭をみせています。
その姿を眺めながらその当たり前が実は奇跡である事をあらためて感じます。

生活の中に溢れていた平凡な日常が失われ、地球にとって、私たちの生活にとって、
大切なものやことに世界中が今気づかされました。

プリスティンが明日のために出来ること
それは地球の未来を考えそこにすむ私たちが幸せを感じることの出来る暮らしの提案です。

その1
2021年春からいよいよ私たちの手でプリスティンの為の種まきが国内でスタートします。
みんなで一緒に種を撒きましょう、綿を育てましょう。
収穫した綿でつくられた製品を身に纏える日を想うと今からワクワクが止まりません。

その2
プリスティン幸せの循環プロジェクト誕生から12年、
染め直しリカラー、お直しリペアに始まり、リメイク、クリエイティブダーニングが加わります。
そして廃棄0を目指して、製造工程で出た残糸、残布を回収しもう一度糸をつくり
生地を作り製品化するより楽しくトキメキのあるリプリをアクセル全開でご提案します。

不安はまだ拭えない一年になりそうですが
苦難福門この苦難の先には明るい未来があると信じ
つくり手、買い手、売り手、まわり良し、
この四方良しの精神のもと、
皆さんとともに元気に明るく前を向いて
プリスティンだから出来る挑戦をし続けて行こうと思います。

おくもり ひでこ

PRODUCTS 製品情報

プリスティンの取扱カテゴリ