PRISTINE ブランドストーリー

PRISTINE・・・素朴な、清らかな状態を維持し続けていくこと

プリスティンのこと

「プリスティン」は、オーガニックコットンの「アバンティ」のオリジナルブランドです。
アバンティがオーガニックコットンを扱うようになったのは1990年。
当時はオーガニックという言葉が、今ほど世の中に知られていませんでした。
ましてオーガニックコットンのことなど、ほとんど誰も知りませんでした。
そんな中、アバンティでは無農薬の有機栽培綿の輸入販売、
糸から生地、生地から製品まで、一貫した企画製造販売を行ってきました。

そして、1996年に「プリスティン」がデビュー。
8つのカテゴリーから構成されるオーガニックコットンのライフスタイル提案ブランドです。

  • レディースウェア
  • アンダーウェア
  • 服飾雑貨
  • 寝具
  • バスグッズ
  • ケアグッズ
  • メンズウェア
  • ベビー

オーガニックコットンのパイオニアとして、
お肌にやさしく気持ちの良い商品を、日々開発中です。

5つのこだわり

無染色

プリスティンの製品は染色をしていません。
塩素系漂白剤、定着剤、蛍光増白剤、防縮剤などを使わず、
すべての工程において環境にやさしい方法を選びます。

メイドインジャパン

日本に引き継がれてきた技術を生かしたいという思い、
そして顔の見える安心安全なものづくりのため、
糸から生地、最終製品までを日本でつくることにこだわっています。

顔の見えるモノづくり

できあがった製品は、原綿から最終製品まで、いつ、どこで、
だれがつくったのかがわかるように履歴を管理しています。

やさしい仕様

肌にもこころにも「やさしい仕様」のデザイン。
素肌にストレスを与えず、家で洗えて長持ち。
いろんな場面で使いやすいよう、やさしい工夫がつまっています。

てんとう虫

オーガニックコットンの畑では、てんとう虫が害虫を食べる
益虫として活躍します。
てんとう虫はプリスティンの守り神です。

糸からつくる良質なオーガニックコットンが、他にはないわたしたちの強みです。

良質なオーガニックコットン

オーガニックコットンを広めたい

一般的な綿花栽培は、除草剤、殺虫剤、落葉剤といった農薬や
化学肥料などさまざまな薬剤が大量に使われています。
そのような「自然ではないもの」による環境汚染や労働者の人的被害は計り知れません。

また、発展途上国では、綿花栽培における児童労働が大きな問題になっています。
数年前、インドの綿花栽培における児童労働の現状を目の当たりにし、
女の子たちが炎天下の元、休みなく働いている現実をどうにか変えられないかと思い、
プリスティンではインドの原綿を扱いはじめました。

わたしたちが、児童労働に加担しない、インドのオーガニックコットンを使うことで、
子どもたちを取り巻く環境を少しでも良くしたい。
児童労働がなくなることを目指し、
オーガニックコットンを広めることが社会貢献に繋がると信じ、
日々、ものづくりを行っています。

  • 綿花畑で働く女の子の写真
    綿花畑で働く女の子
  • 無造作に捨てられた農薬袋の写真
    無造作に捨てられた農薬袋
  • オーガニックコットン畑の写真
    オーガニックコットン畑
  • ブリッジスクールに通う子供たちの写真
    ブリッジスクールに通う子供たち
  • 女性支援の取り組みの写真
    女性支援の取り組み
  • インド産オーガニックコットン工場の写真
    インド産オーガニックコットン工場

東北グランマ × PRISTINE

ひとつひとつ、東北グランマの心を込めて。
働くよろこびと、明日への希望を取り戻すために心からの復興へ向けて長く寄り添う、
東北のお母さんたちの仕事づくりプロジェクト。

東北グランマ × PRISTINE

2011年3月11日、一瞬にして多くの命、財産、そして沿岸部で漁業や衣料の製造に携わる女性たちが
何十年も毎日続けてきた「仕事」を奪った東日本大震災。
プリスティンは被災地の人たちと共に「日々の仕事」をつくり、そこで生まれた製品を通じて、
全国の人々や次の世代を担う子供たちとの心のこもった交流を作り出していこうと、
手編みのモチーフや刺繍など、東北グランマとのコラボレーション商品を毎シーズン取り入れています。

▼ 東北グランマ × PRISTINE
Tohoku Grandma Project 東北グランマの仕事づくり

PRISTINE Cafe

PRISTINE Cafe

プリスティンのフィロソフィーと共鳴する方々とのコラボ企画を通じて、
新しい体験をしていただくサロン。
毎月、様々なジャンルで活躍する方をお呼びして、プリスティンショップにて大好評開催中です。
その他にも、様々なワークショップや冷えや布ナプキン、下着選びなど、
女性の身体や健康にまつわるおはなし会も開催しています。

▼ 開催情報はこちらから

  • プリスティン 本店
  • プリスティン 自由が丘店
  • プリスティン 吉祥寺店

ものづくりストーリー

プリスティンの製品は全て made in Japan。
皆さまにより安心してお使いいただくために、ものづくりの背景をご紹介しています。
日本各地の職人さんによる手仕事のすばらしさを感じ、
より安心して製品をお使いいただけたら幸いです。

  • ものづくりの写真1
  • ものづくりの写真2
  • ものづくりの写真3

▼ ものづくりストーリー
ものづくりストーリー

ショッピングバッグ

  • ショッピングバッグの写真1
  • ショッピングバッグの写真2

図書館や大学で読み終えた古紙回収に出す前の新聞を使用し、
千葉県木更津市にある授産施設でひとつひとつ丁寧に作られた新聞バッグ。
プリスティンでは、この考えに深く共感し、お客様のショッピングバッグとしてご用意しています。
約2kgの重量に耐えられるので、エコバッグや野菜の保存袋としてもお使いいただけます。
新聞バッグの「その先の使い方」を、ぜひお楽しみください。

100人のアーティストTシャツ

子どもたちにきれいな地球を残したい。
1995年にスタートした、アーティストとのコラボレーションプロジェクト。

Art T-shirts

地球に優しいオーガニックコットンを世界に伝える活動。
オーガニックコットンの生産量は、世界の原綿生産量のわずか1%ほどのとても少ないものです。
「せめてこのオーガニックコットンの生産量を10%にしたい。きれいな地球を子ども達に残してあげたい。」
この思いに賛同した世界で活躍する100名のアーティストが、ボランティアでこの活動に参加してくださいました。
アーティストの皆さんのお力を借りて、オーガニックコットンの普及活動が、
地球保全に役立てられることを願っています。
このArt T-shirtsプロジェクトは1995年にスタートし、2013年に目標の100人を達成いたしました。
アーティストTシャツの収益金は、オーガニックコットンの啓蒙普及のための協会活動資金に活用しています。

▼ 100人のアーティストTシャツ
100 artists organic cotton T-shirts

ホーム > ブランドストーリー