トップ  >  Journal  >  INTERVIEW  >  LADIES  >  PRISTINE friend 石川ゆみ さん

PRISTINE friend 石川ゆみ さん

石川ゆみ さん
布小物作家

プリスティンと出会ったきっかけは?

新宿伊勢丹のイベントでEkocaのブースの中で参加させて頂いた時に
PRISTINEさんも出店されていて初めてインナー(下着)を購入しました。
その後Ekocaの福地さんと本店に行った時に紹介して頂き
PRISTINEさんのおもてなし会でワークショップの講師をすることになりました。

石川ゆみ×PRISTINE おもてなし会

お客様と一緒にちくちく作るおもてなし会を楽しんでいます。

毎日を気持ちよく過ごすために、心がけていることは?

何事もストレスをためない事が一番と思っています。
ルールみたいなのものもちゃんとやらなきゃと思うと
続かないしストレスになるので自分の基本で(笑)
食べたいと思う物を食べるとか
(自然に旬のものや足りない物だったりします)
家にいる時と寝る時は靴下の重ね履きとか
(暑いときは裸足だし外出のときは靴に合わせます)
朝一番の白湯とか(これは素直においしいと感じます)
いい香りのオイルでマッサージとか(よく眠れます)
やっぱり無理がなく自分が気持ちいいことなら続くみたいです。(笑)
あと、いつも家にこもって黙々と制作しているので
ワークショップやお店に来てくださるみなさんとお話して
笑ったりする事でたくさん元気を頂いています!

お気に入り商品は?

    やっぱり肌に直接つけるアンダー・インナーがほんとうに気持ちよくて。
    キャミソールやショーツは特に好きでいろいろ持っています。
    柔らかいゆるゆるな締め付けないタイプのが最近のお気に入り。
    腹巻き付きレギンスやシルクコットンのTシャツも冬に大活躍でした。
    肌触りはもちろんですがシンプルなデザインや色も大好きです。
    冷えとり靴下の3足セットは何度もリピートしています。
    重ね履きソックス 3足セット
    カップ付 テレコキャミソール

プロフィール

石川ゆみ さん
布小物作家
布小物作家。1999年より布小物の作家として始動。
2003年7月、器と雑貨、自作の布小物を扱うお店「Ekoca」を
器好きの友人と東京恵比寿にオープン。2008年7月、お店を離れて独立。
月に一度「Ekoca」にて小さなお店をイメージした展示販売「WORK ROOM」を開催。
雑誌、書籍で作品を紹介したりワークショップの講師も。
PRISTINEおもてなし会の講師としてもおなじみ。