トップ  >  Journal  >  How To  >  夏の暑さ対策  >  暑くて眠れない夜の対処法

暑くて眠れない夜の対処法

    • 夏の暑さ対策
2019.02.20
暑くて眠れない、寝苦しい夏の夜を迎えた経験はありませんか?快適な睡眠がとれないと、身体の不調も起きやすくなります。暑くて眠れない原因と、簡単にできる対処法についてご紹介します。

眠りを妨げる原因は?

夏の夜は、蒸し暑くてなかなか寝付けない。やっと眠れたのに、夜中に目が覚めてしまう。これは、睡眠のメカニズムと気温・湿度が関係しています。

気温が高く、体温が下がらない

一般的に、眠気は体温が下がるタイミングでやってきます。つまり、高すぎる体温のままだと、なかなか眠りにつけません。

夜になっても気温が下がりにくい原因として、昼間に出た熱が夜まで残るヒートアイランド現象が考えられます。これは、アスファルトの反射光や昼間に使用した電気製品から排出された熱が原因と言われています。もちろん、エアコンの室外機から排出される熱も含まれています。

湿度が高いと体温調整がうまくできない

気温以上に眠りの妨げになるのは湿度です。湿度が高いと体の表面から熱を逃がすことができず、体温調節がうまくできません。湿気やムレを換気するために、眠りについた後、無意識に寝返りを打つことが多くなります。

せっかく眠りにつけたのに、夜中に目が覚めてしまうのはこのためだったんですね。

暑い夜でも快適な睡眠をとるための工夫

暑くて眠れない 暑くて眠れない夜も快適な睡眠に入るために、まずは簡単にできる対処法をご紹介します。

水枕や氷枕、エアコンなどの冷房機器を使う

水枕や氷枕は身体の熱をある程度までは下げてくれるので、寝付きやすくなります。また、エアコンや扇風機を使うときには部屋の温度を26℃前後保ち、直接風が当たらないように壁などにあてて、間接的に受ける風を利用しましょう。

扇風機などで直接風を長時間あて続けると、体温が低下し過ぎることがあるので注意が必要です。

お風呂に浸かる

暑い夏の夜は、どうしてもシャワーで済ませがちですが、お風呂に浸かることも大切です。一時的に体温が上がりますが、その後は体温は下がります。その体温が下がったタイミングが、眠りにつきやすいタイミングです。

涼しい素材の寝具で寝る

寝具の素材を見直すことでも、涼しさを感じることができます。中でもおすすめなのが、オーガニックコットン(綿)。オーガニックコットンは、湿度の高いときは綿糸の隙間が細くなり、汗をかいてもすぐに吸収して、発散してくれます。

逆に湿度が低くなり涼しさを感じると綿糸の隙間が太くなるため、内部の空気層が膨らんで体温を保つ役割をしてくれます。そのため、オーガニックコットンの寝具は、快適な睡眠をもたらしてくれるのです。

暑くて眠れない夏を乗り切るために

なかなか眠れない暑い夜も、簡単な工夫で今よりも快適な睡眠をとることができます。PRISTINEでは、夏の夜を快適に過ごすための、オーガニックコットン商品を販売しています。オーガニックコットンの心地いい寝具でぐっすり眠って、夏を乗り切りたいですね。 オーガニックコットンのプリスティン

関連記事

関連する記事がありません