トップ  >  Journal  >  How To  >  生地  >  ぽかぽかあったか冬物生地の選び方

ぽかぽかあったか冬物生地の選び方

    • 生地
2019.02.21
冬に好まれる素材や、おすすめの冬物生地の種類と選び方をご紹介します。秋から冬へと移りゆく季節。おうちでゆったりくつろぎタイムも、おしゃれして出かけるのにも、あたたかい生地は欠かせません。

冬にはどんな素材が好まれる?

保温性のある生地が寒い季節には好まれます。ほかにも、着心地や肌ざわりがよいカシミヤの生地や、モコモコしたあたたかい素材の生地なども、冬物のファッションアイテムとして選ばれているようです。

おすすめ冬物生地の種類と選び方

冬の寒さを防ぐためには、どんな生地を選べばよいのでしょうか?生地の特徴や選び方をご紹介していきましょう。

冬物生地の選び方「カシミヤ」

カシミヤヤギの体毛の下のやわらかい毛をカシミヤといいます。非常にやわらかく肌ざわりのよいカシミヤは光沢感があり、保湿性にも優れています。

保温力も高いカシミヤは、マフラーやコート、ショールなどに使われ、冬の定番で高級生地としても有名です。

冬物生地の選び方「シルク(絹)」

シルクは、蚕(かいこ)の繭からつくった繊維。人間の皮膚と同じタンパク質からなり、第二の肌といわれているほど肌との相性もよく、しなやかで優雅な光沢感が特徴的な生地です。

保温性・吸湿性もバツグンなので、冬の生地としてもおすすめ。パジャマや下着、布団などの製品に向いています。

冬物生地の選び方「オーガニックコットン」

メンズ部屋着 オーガニックコットンとは、3年以上農薬や化学肥料を一切使っていない畑で育てられた、有機綿のこと。とても丈夫で洗濯してもへこたれません。

保温性も優れていて吸水性も高いので、タオルや肌着、パジャマや布団など、肌に触れる製品に最適です。

オーガニックコットンは、赤ちゃんやデリケートな肌の方にもやさしい生地となっています。

冬物生地の選び方「フランネル」

ウールやコットンから作られることが多いフランネルは、やわらかくてあたたかな、秋冬らしさがとてもある毛織物です。

チェックシャツでよく見かける、フランネルのシャツのことを「ネルシャツ」と呼び、持っている方も多いかもしれません。ほかにも、パジャマや肌着にも多く使われている生地です。

冬物生地の選び方「コーデュロイ」

コーデュロイは、冬物のファッションアイテムによく使われる生地。学校にある黒板消しでおなじみの素材です。コーデュロイはコール天とも呼ばれ、あたたかい生地で縦方向に線が入って見えるのが特徴。

毛羽立った風合いや、厚地であたたかみがあるので、冬物のシャツやパンツ、ジャケットなどの生地におすすめです。

冬物生地の選び方「フリース」

フリースとは、メリノ羊毛やポリエステル繊維を用いた織物や編物を起毛させて毛羽を密生させてから、先を刈り揃えた生地のこと。

ふんわりと軽い着心地に、優れた保温性が特徴のフリースは、アウトドアウエアとして人気の生地です。

安価な素材のフリースは、毛玉ができやすくゴミやほこりがつきやすいなど、耐久性が低いことがデメリットとしてあげられます。

寒い冬に大活躍!おすすめのアイテムをご紹介

寒い冬におすすめのアイテム カシミヤやシルク、オーガニックコットンはもちろん、フランネルやコーデュロイは寒い冬にはぴったりの生地です。

しかし、乾燥する冬は静電気が発生しやすい時期でもあり、インナーとアウターの組み合わせは注意が必要です。

冬の生地に最適のカシミヤやウール、フランネルやコーデュロイなどを着るときには、静電気を最小限に抑えるためにもコットン生地のインナーがおすすめです。

厚手おやすみソックス

厚手おやすみソックス オーガニックコットン91%で作られたソックス。内側は弾力のあるニットパイル生地で、冷えやすいつま先や足首、かかとを暖かくつつみこんでくれます。

さらに、コットンには内側の水分を吸水して、外へ発散する優れた性質があるため、ソックスを履いたまま寝ても蒸れる心配がありません。

また、厚手おやすみソックスは足首を締めつけないルーズタイプ。冬のルームソックスとして長時間はいていても気になりませんね。

セーターイン 長袖

セーターイン 長袖 オーガニックコットン100%のセーターイン長袖です。コットンにはプラスの電気をためることが知られていますが、その力は微々たるもの。

カシミヤやウールのアウターを着るときには、静電気の発生を防ぐためにもコットン生地を使ったインナーがおすすめです。

オーガニックコットン100%のセーターイン長袖は暖かくて肌ざわりも滑らか。さらに、生地も薄く薄手のセーターを着ても表にひびきせん。

寒い冬でもコートの下はすっきりシルエットできめたいもの。

冬におすすめの暖かいコットン生地のセーターイン長袖でスマートおしゃれを楽しみましょう。

無縫製 ヤクレギンス

無縫製 ヤクレギンス 無縫製=ホールガーメントとは、一着まるごと立体的に編んだもの。一部縫製が必要なものもありますが、一般的には縫い代がなく身体の動きに添うように作られたニットのことです。

そのため、身体の動きが制限されないので、着ていてとてもリラックスできるのがメリット。

さらに、無縫製 ヤクレギンスは腹巻とレギンスが一体型になっているため、とてもはきやすく、バストの下から足首までをすっぽり包み込んでくれます。

また、ヤクの毛とオーガニックコットンの混紡生地のため、軽くて暖かいのが特徴。

下半身の冷えが気になる方には、ロングワンピースやワイドパンツのインナーとしてもおすすめの商品です。

ボーダーニットパンツ

ボーダーニットパンツ 保温性の高いヤクの毛と、オーガニックコットンを使用した暖かな素材のパンツです。リラックスできるゆるりとした着心地は、部屋着としても人気の商品。

ひもで調節可能なウエストや、足首がすぼまったデザインなど、動きやすさも重視しています。

お腹まわりはすっきりと編み上げているので、きれいなシルエットに。グレーと白のボーダーでさわやかさもプラスされたおすすめのパンツです。

セーターイン アンダーパンツ

セーターイン アンダーパンツ 冬のアイテムには欠かせないアンダーパンツは、パンツの下にはくだけで暖かさが違います。

冬は、太ももが冷えるとトイレに行く回数も増えるため、アンダーパンツは冷え性の女性には必須アイテム。

セーターイン アンダーパンツは、薄くて滑らかなスライス生地を使用していますので、ごわつかず表にひびかないのがメリット。

また、オーガニックコットン100%で肌に優しく、気持ちのよい履き心地です。

さらに、カシミヤやウール生地のパンツを着用するときには、嫌な静電気を押さえてくれるコットン生地のアンダーパンツがおすすめ。

冬の時期には、一枚は持っていたいアイテムです。

冬こそ着たい生地でおしゃれを楽しむ

寒い冬は、重ね着などでいろんな着こなしができて、おしゃれを楽しめる季節でもあります。ご紹介した特徴や選び方を参考にして、冬こそ着たい生地を選んでみませんか?

プリスティンでは、寒い冬でもぽかぽかの上質なオーガニックコットンのアイテムを多数取り扱っています。心もカラダもほっこりあたたまる、オーガニックコットンをぜひお試しください。 オーガニックコットンのプリスティン