トップ  >  Journal  >  How To  >  生地  >  冬物生地におすすめ素材“ヤク”の魅力とは

冬物生地におすすめ素材“ヤク”の魅力とは

    • 生地
2019.02.21
今回は、冬物生地におすすめの素材「ヤク」の魅力に迫ります。しっとりとしたなめらかさで、あたたかいヤクの生地。冬におすすめの“ヤク”とはどんな素材か、ヤクのニットの機能性もあわせてご紹介します。

冬物生地におすすめ“ヤク”はどんな素材?

ヤクには、「防水性が高い」「弾力性が強いのでシワになりにくい」「しなやかで光沢がある」といった大きな特徴があります。

ヤクの毛はとても丈夫で、コートやジャケットといった衣類から玄関マットまで、幅広く使われている素材です。ヤクはほかにどんな特徴があるのか?素材による特徴についてまとめました。

ヤクの毛は動物系の天然繊維

ヤクはウシの仲間で、標高3,000メートル以上の草原や岩場に生息する、寒さに強い動物です。ヤクの毛は、動物系の天然繊維に分類され非常に良質で希少な素材となります。

標高が高いところに生息している為「空にもっとも近い繊維」とも言われています。

標高の高い中国エリアを中心とする厳しく過酷な環境で発達したヤクの毛

ヤクは、おもに中国エリアの高原の一部と、チベットに生息しています。それらの地域は、内陸のため気候は厳しく、夏の時期でも昼夜の寒暖差が、30℃にもなるといわれる過酷な土地。

地域の約半分は、寒冷な砂漠地帯や氷河地帯といわれるところで、ヤクは暮らしています。寒冷地に生息するため、厳しく過酷な環境において発達したヤクの毛。 寒さから身を守れるよう、やわらかで上質な内側の毛と外側の硬い毛とで覆われ、保温性や防水性に優れ、分厚くなっています。

ヤクの内側の毛のなめらかさは、パシュミナに匹敵するほどといわれることもあり、保温性がバツグンで蒸れにくいのもヤクの毛の大きな魅力です。

カシミヤと並ぶ高級天然繊維

冬物生地におすすめ新素材“ヤク”の魅力とは-1 しっとりとしたなめらかなヤクは、カシミヤに似たラグジュアリーな素材。また、細く長い繊維は光沢があり、弾力性が強いのでシワになりにくい特徴があります。

ヤクのニットの機能性について

あたたかくて蒸れにくく、丈夫さが特徴のヤクの毛が使用されたニットは、どんな機能性があるのでしょう。

長く愛用できるヤクのニット

摩擦にも強い性質があるヤクの毛を使用したニットの生地は、毛玉にもなりにくく、丈夫でカシミヤよりも長持ちするともいわれています。寒い冬の季節もあたたかく快適なヤク素材は、冬物生地に最適。

ヤクのニットはカシミア以上のあたたかさ

冬物生地におすすめ新素材“ヤク”の魅力とは-3 寒さから身を守るヤクのやわらかで良質な毛は、カシミア以上のあたたかさ。真冬でもあたたかく、軽くてやわらかな肌ざわりのヤクのニットは、ウールのようなチクチク感もありません。

そのため、ウールアレルギーがある方でも着やすく、獣毛混ニットが苦手な方にもおすすめです。ヤクのニットは、小さなお子さまにも敏感肌な方にも、ぴったりな生地といえるでしょう。

ヤクのニット生地のお手入れ方法

動物性の天然繊維であるヤクを使ったニットなどは、基本的に「ドライクリーニング」をおすすめします。自宅で洗濯する場合は、ウール専用の洗剤を使えば「手洗い」することも可能です。

冬の生地 ヤクのニット商品を5つご紹介!

ヤクのメリットは丈夫で摩擦に強いこと。また、毛玉になりにくいヤクの毛は、カシミヤやアンゴラよりも使い勝手の良い冬の生地と言えます。 プリスティンでは独自に開発したヤクの毛とオーガニックコットンの混紡糸で、いろいろなインナーやアウターをつくっております。

*・。ヤクコットンの商品一覧はこちら

今回は、プリスティンでも人気のヤクコットンを使った商品を5つご紹介していきます。

ヤクコットンチューブテレコ 長袖

ヤクコットンチューブテレコ 長袖 暖かいヤクの毛と、吸水力と保温力をそなえたオーガニックコットンの混紡糸で作られたインナー。 脇に縫い目がないので肌ざわりもなめらか。また、身体にしっとりとフィットするのでより暖かさを感じられます。

ヤクコットンチューブテレコは、一枚で驚くほど暖かいのでアウターを何枚も重ね着しなくても大丈夫。 さらに、薄めの生地でアウターにひびくこともありません。 緩やかなカーブの衿は、ノーカラーやVカラーのセーターなどにぴったり。

お気に入りのスカーフやチョーカーで首元をおしゃれに演出できるのも嬉しいですね。

無縫製 ヤクレギンス

無縫製 ヤクレギンス 天然のグレーのカラーはアウター、インナー、どちらでも活用できる人気のヤクレギンス。 身体の動きを妨げない無縫製で編み上げてありますので、動くたびに感じる嫌なつっぱり感もなく、履いていてとても楽なレギンスです。

さらに、ヤクコットンの混紡糸で編み上げてありますので、インナーにありがちなチクチク感もほとんど感じられません。 腹巻の部分は、より伸縮性を重視した編み方で仕上げてあり、ずり落ちる心配がないのも嬉しいですね。 また、腰の部分まですっぽり包み込んでくれるので、股上浅めのジーンズでも安心して着用できます。

ボーダーニットパンツ

ボーダーニットパンツ オーガニックコットンの起毛糸とヤクの起毛糸を交互に編んで作られたやさしい肌ざわりのボーダーニットパンツです。 縫い目のでない方法(ホールガーメント)で編んでいるため、履いたときの肌当たりもなめらか。

すっきりとしたデザインで、軽さもあるので、動きやすいパンツを探している方にもおすすめです。 ヤクの上品で素朴なグレーと白のボーダーは、どんなアイテムとも合わせやすいでしょう。

ヤクコットン タイツ

ヤクコットン タイツ ありそうでなかったヤクコットンタイツ。 靴下と違い気軽に脱ぐことのできないタイツは通気性も重要ですね。ヤクとオーガニックコットンを使用したタイツは丈夫で蒸れにくいメリットがあります。

さらに、ヤクコットンタイツは肌側がコットンになるよう二重構造になっているため、肌ざわりがとても柔らか。 また、チクチク感の少ない編立てで仕立てあるので履き心地も満点です。

シンプルな天竺編みのヤクコットンタイツは、横方向への伸縮性に優れていて圧迫感もありません。 おしゃれなグレーのカラーは、ワンピースやスカート、チュニックなどいろいろなアウターとの相性もぴったり。

ヤクコットンチューブテレコ タートル

ヤクコットンチューブテレコ タートル ヤクの毛と肌ざわりの良いオーガニックコットンの混紡糸で作られたチューブテレコです。 脇に縫い目がない編み方で身体にしっとりとフィットするため、インナーとしても人気の商品。

ヤクとコットンの混紡糸は、暖かくて柔らかな肌ざわりが特徴です。 そのため、タートルのチクチク感が気になる方にはおすすめの一品。 さらに、おしゃれなグレーはインナーだけでなくアウターとしても幅広く着用できて、いろいろなコーデで楽しむことができます。

柔らかい印象のタートルネックは、ふわふわのアルパカやカシミヤのセーターと合わせて可愛さアップ! 落ち着いたグレーのカラーは、コーデュロイやフランネルのような厚めの生地と合わせて、大人っぽさを演出しましょう。 また、タートルネックにはノーカラーの上着を合わせると、よりスマートな印象になります。

高級ニットとして人気の素材“ヤク”

冬物生地やニットでも人気の素材ヤクの魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか。希少性が高く、カシミヤ以上といわれるあたたかいヤクの毛を使ったアイテムは、一度身に着けると手放せなくなるはずです。

プリスティンは、オーガニックコットンとヤクを合わせたアイテムを販売中。やわらかな肌ざわりとぬくもりをお届けしています。オーガニックコットンとヤクを合わせることで、よりやさしくあたたかな着心地を実現しました。 オーガニックコットンのプリスティン